カテゴリー別アーカイブ: ニュース&トピックス

日韓全面協力

2020年東京オリンピックの決定に日本中が湧いた中、
私と、韓国と中国は少し違っていた。

韓国と中国については、
最近、政治的な部分で少し冷えた関係からか、
あまり喜んでくれているという情報がなかったように思う。
アジアという括りで喜んでもらえないものだうか
なんて思ってみたりする。

私はと言えば、決定した瞬間は、本当に喜んだが、
翌日、大好きな野球がオリンピック競技からはずされていまった事で、
前日の喜びは半減してしまった。

その後、しばらくは、オリンピックのニュースには興味も薄れてしまったが、
先ほど、日韓全面協力というニユースが流れた。
日韓両国のオリンピック委員会会長が会談し、
2018年平昌冬季五輪と20年東京夏季五輪の成功に向け、
全面的に協力することで合意したそうだ。

日韓全面協力について、日本の竹田会長は
「両国の関係がしっくりいっていないときでも、
スポーツは互いの理解を深めることに貢献できる」と述べ、
韓国の金会長は
「われわれの交流と相互協力は現在の両国の関係を好転させることが
できると確信する」と応じたそうだ。

おっしゃる通り、スポーツというものは、
ただ競技・観戦するものではなく、
スポーツを通して、それ以上に大切なものがあるのだ。
と、改めて思った。

野球が競技からはずれたからといって、
そっぽを向いた自分が少し恥ずかしくなった。
そして、韓国での冬季オリンピックの事も失念していた自分が
恥ずかしい。

日韓全面協力という素晴らしい出来事によって、
私は、私のスポーツマンシップを改めて見直す機会となった。

湘南サーフィンスクール

甲子園を目指し、野球に明け暮れていた高校時代から何年経ったであろう。
高校3年の夏の予選、惜しくも敗退し、私の野球生活は終わった。
そこからすぐに受験勉強に勤しまなければならなかったが、
仲間の一人の「俺たち、野球しかやってなかったなぁ。」という一言から、
海に行こう、かわいい女の子居るよね。
でも、ただ海で女の子ナンパって、俺たちっぽくないよね。
サーフィンやったらカッコイイよね。なんて話になり、
夏休みに入った途端、仲間4人で湘南に行った。

一人のマメな男が既にサーフィンスクールを調べてあり、
僕たちは、キョロキョロしながらも湘南サーフィンスクールに辿り着いた。
男が見てもカッコイイなあと思わせるような
真っ黒に日焼けしたオーナーが出迎えてくれた。
僕たちも確かに真っ黒に日焼けはしてたけど、坊主頭。

オーナーは僕たちを一目見るなり、
「野球終わったか? じゃ、思いっきりサーフィンしよう。
坊主頭のサァーファーもかっこいいぞ~」と、
太陽のような笑顔で話し始めた。

そこから、2日間、湘南サーフィンスクールで教えていただき、
4人とも、何とかボードの上に立てるようになった。
筋がいいぞと褒められ、僕たちはヘトヘトになるまで、
何度も何度も夢中になって練習した。

結果、本当のお目当ての彼女作りは、敗退に終わり、
サーフィンもあの時の一回限りとなってしまったが、
湘南サーフィンスクールのオーナーみたいに
かっこいい男になりたいという気持ちは
今でも変わらない。

完璧な人間などいない

自分がいかに浅い知識、スキルで
あったことか。
自分に自信があればあるほど、
他人のできるを感じるとヘコむ。
ヘコんでいる暇はない。
弱いところ、苦手なこと、
そんな所があるから面白いんだ。
完璧だったら、もうやる事がない。
後は死ぬだけだ。
完璧じゃなくて良かったと、
エネルギーを喜びに変えよう。

20130208-180813.jpg

原発稼働ゼロ

北海道電力の泊原発3号機が定期点検に入るため停止した。
これによって、日本では実に42年ぶりに国内すべての原発が
停止する事になった。
日本は法治国家なので、誰もが自由に国内を旅する事ができる。
ただ、この瞬間は福島県の一部には立ち入ることができない。
この事態をどの様に国民は受け止めるべきなのか?
行く予定がないから、というのは無責任な考えだ。
この先40年間は、立ち入ることができず、さらに汚染された
山間部の土壌の放射能除去作業は現実的には不可能で、
森の生態系への影響や、我々の植物に対しても懸念が残る。
高度成長期に電気は必要だった。
その中で、たったひとり、デンコちゃんだけが節電を唱えてきた。
国民の何割がデンコちゃんの声に耳を傾けてきただろうか?
甘い考えの脱原発は許されない。
国民ひとりひとりののど元に、匕首が迫っている。